お得に家を売りたい|安心して利用できる空き家サービス業者を見つけよう

安心して利用できる空き家サービス業者を見つけよう

インテリア

お得に家を売りたい

家

仲介手数料を値切る

不動産業者に自宅の売却を依頼した場合は、まず業者との間で媒介契約を結ぶことになります。その契約書には、必ず仲介手数料のことが書かれています。家を売却することができた暁には物件価格の3%の仲介手数料を業者に支払うといった趣旨のことが書かれているはずです。不動産取引の経験がほとんどない人は、3%という数字は動かしようのないものだと勝手に思い込んでしまいます。しかし、仲介手数料の金額は本来契約当事者間の話し合いで決めるべきものです。絶対に3%支払わなくてはならないという決まりがあるわけではありませんので、値引き交渉をしてみるのが得策です。また、長岡京市の個人宅のポストには、しばしば「売却物件を探しています」と書かれたチラシが投函されています。客から物件探しの依頼を受けた不動産業者がチラシを投函していくのですが、その業者に自宅の売却を依頼すると、値引き交渉の成功率が高くなります。なぜかというと、その場合、業者の両手仲介になるためです。ですので、長岡京市在住の人が少しでもお得に自宅を売りたいと考えているのなら、チラシを投函していった業者に連絡を入れてみるとよいです。

仲介手数料

長岡京市内で営業している不動産業者はたくさんいますが、どの業者も宅地建物取引業法を遵守しつつ営業しています。したがって、長岡京市で家の売却を考えている人が、不動産業者から不当な取り扱いを受けてしまうことはまず考えられません。もちろん、どの業者にも得手不得手がありますから、そういった部分で満足度が左右されることはあり得ます。しかし、必要以上に高額の仲介手数料を請求されたり、本来受けられるはずのサービスを受けられなかったりするようなことはありません。仲介手数料の金額については、宅地建物取引業法上で物件価格の3%を上限とすることがハッキリと定められています。また、仲介手数料の性質が成功報酬であることも明記されていますので、売買契約締結に至らない段階で料金を請求されるようなことはありません。また、契約書に記載されていない費用を請求されることもありませんので、安心して自宅の売却を依頼することができます。